【高真青】第5ブロック親善野球大会

高真青、第5ブロックでは恒例の親善野球大会を平成29年11月6日(月)、光明池緑地グラウンドにて開催いたしました。
今年は第十回目ということで、当日は絶好の秋晴れの下、久しぶりに良い汗を流し、各青年会さんとの交流を深めるいい機会となりました。

昨年から参加された奈良をはじめ、和歌山、大阪、河内、和泉の5チームでのトーナメント戦となる予定でしたが、

大阪はメンバーが揃わなかったために1試合目は和泉に、2試合目は河内チームに入り、それぞれ試合を楽しまれていました。

各チーム人数がギリギリだったり、揃わなかったりと状況は色々でしたが、結果は河内青年会さんが見事優勝されて

第5ブロックの野球大会では3連覇という偉業を成し遂げられました。
成績としましては優勝・河内(大阪)、2位・和歌山、3位・奈良密、4位・和泉という結果に終わりました。

試合後には懇親会の場を設けさせていただき、こちらでもよい交流の場となりましたことを主催者として嬉しく思いました。
今後とも野球を通じて第5ブロックで親睦を深めていきたいと思います。



【高真青】兵庫ブロック青年教師研修会

平成29116日 但馬青年教師会(密 祐興会長)主催 兵庫ブロック青年教師研修会が福祥院(兵庫県豊岡市)にて開催されました。研修会には50名の青年教師が参加し、(公財)元興寺文化財研究所 副所長 狭川 真一氏に「高野山奥之院の納骨信仰」と題してご講義頂きました。遺跡の発掘方法や高野山奥之院への納骨信仰の歴史、地方への拡がりなど丁寧にご講義頂きました。

懇親会では支所下諸大徳様にご列席頂き、盛大に盛り上がりました。




【高真青】各種委員会

平成291031日 グランキューブ大阪にて各種委員会を開催致しました。

会則改定委員会では、理事の皆様にご協力頂きましたアンケートを元に会則の改定について話し合いました。理事の皆様にはお忙しい中、アンケートにご協力頂き、ありがとうございます。

結縁潅頂実行委員会では、発刊する次第について、話し合いました。




【高真青】第
38回結集 根来寺大会

平成29103031日と全真言宗青年連盟主催 新義真言宗青年会担当「第38回結集 根来寺大会」が総本山根来寺、リーガロイヤルホテル大阪にて250名の青年僧が参加し、開催されました。台風22号の接近に伴い、一時は大きな日程変更も余儀なくされましたが、台風の通過が早まり、予定通り開催されました。天候に恵まれ、初日は根来寺 大伝法院にて新義真言宗管長 中村元信大僧正猊下にご導師頂き記念法会、覚鑁上人の御廟所、奥の院を参拝。リーガロイヤルホテル大阪にて懇親会を行いました。

二日目は介護ジャーナリスト 小山 朝子先生より「介護を通じて見えるもの」 チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木 重範先生より「がんになった子ども達からのメッセージ」と題してご講演頂きました。

高真青から60名を越える会員様にご参加頂きました。ありがとうございます。次回 第39回結集は須磨寺中山寺両青年会が担当され、平成301129日(月)30日(火)と大本山 須磨寺 大本山 中山寺 ルミナス神戸2にて開催されます。皆様のご参加、宜しくお願い致します。




【高真青】第二ブロック青年教師交流会

平成291019日 ホテル横浜ガーデンにて神奈川青年教師会(鹿野 融真 会長)主催、第二ブロック青年教師交流会が開催されました。

研修会では言葉の伝え方や伝統を受け継ぎ、後世に伝える姿を学ぶ為、伝統芸能の紙切りの様に発砲スチロールをどのような形にも切る『ハッポゥくん』先生 マジック布教をされる『井上 裕径』先生 落語家の『桂 宮治』先生 太神楽曲芸の『鏡味 味千代』先生 以上、4名の先生にご教授頂きました。70名の青年教師が集まり、楽しみながら、言葉の伝え方、伝統芸能を学びました。

懇親会では、神奈川宗務支所長 山本僧正様、神奈川自布団長 伊藤僧正様にご列席賜り、大いに盛り上がり、親睦を深めました。来年度は東京青年教師会が担当されます。





【高真青】兵庫青年教師会 結成35周年記念講習会

平成291010日 ホテル北野プラザ六甲山(神戸市中央区)にて、兵庫青年教師会(田中 宣照 会長)主催、結成35周年記念講習会が開催されました

講習会では、北海道 金峰寺 吉田 尚永師にご講師頂き、『引導作法 −阿弥陀法−』のご講義を頂きました。改めて引導作法を学び、本質を知り、これからの時代に対応出来る様に、信者様、檀家様に柔軟に対応出来る様にご指導頂きました。

懇親会では、支所下諸大徳様にご列席頂き、大変盛り上がりました。

 

 



【高真青】中国ブロック青年教師交流会

平成29926日 岡山プラザホテルにて備前青年教師会主催、中国ブロック青年教師交流会を開催いたしました。

講演会では、名越康文先生を講師にお招きし「密教と科学・心理学」というテーマでお話していただきました。心理学者という立場からみた密教の教えを聞かせていただき、我々真言僧侶にとって非常に意義深い貴重な時間となりました

懇親会では、備前宗務支所支所長 原 真章僧正をはじめ諸大徳様にご列席賜り、中国ブロックより総勢92名の方にご参加いただきました。懇親会での意見交換などを通して会は大変盛り上がり、実りのある有意義な交流会となりました。

当交流会は中国5県にわたる7つの青年会が集まり毎年持ち回りで開催しておりこの度で22回目となりました。来年度は島根青年教師会様が担当されます。




【高真青】全九州青年教師会

平成29912日 ホテル メリージュ(宮崎市橘通東)にて、宮崎青年教師会(長谷川 慈照 会長)主催、全九州青年教師 宮崎大会が開催されました

研修会では、高野山 恵光院 近藤 大玄上綱様にご講師頂き、花押の講習を頂きました。花押の歴史や種類をお話頂き、実際に参加者自ら花押を作成し、上綱様に添削頂き、最後に上綱様が参加者一人ひとりに花押をお授け下さいました。花押とは正式な文章等の名前に付して用いられ、伝法の際にも付しております。師匠に頂くモノでは無く、自分自身で作る事が出来ると言う事は大きな学びでした。

懇親会では、九州の支所下内諸大徳様にご参列頂き、大変盛り上がりました

 



【結縁潅頂 第一会 研修会】

平成2996日 名古屋国際センター 別棟ホールにて結縁潅頂 第一会 研修会を開催いたしました。高野山釈迦文院 中西雄泰上綱様にご講師をお願いし、「結縁潅頂とは」と題して潅頂について歴史を含めご講義頂きました。全国より124名の青年僧が参加し、拝聴頂きました。

この結縁潅頂の研修会は計5回開催致します。

次回は126日 CIVI北梅田研修センターにて但馬大仏 長樂寺 五十嵐啓道僧正に声明についてご講義賜ります。多数のご参加頂きますよう、宜しくお願い致します。




【高真青 各種委員会 常任理事会 理事会】

平成2995日 名古屋国際センター 第一会議室にて各種委員会、常任理事会、理事会を開催致しました。

会則改定委員会から会則を改定するにあたり理事各位にアンケートをお願い致しました。今月31日がご提出の締め切りでございます。ご協力頂きますよう、宜しくお願い致します。

また、研修会実行委員会を結縁潅頂実行委員会に改名し、結縁潅頂研修会の集大成として、開壇を目標とさせて頂く旨、ご承認頂きました。会員の皆様のご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。


【高真青 全国青年教師交流会】

平成29829日 高野山大師教会 中講堂に於いて全国青年教師交流会を開催致しました。本山教学部より橋本部長、丹羽次長、職員の皆様、第19期 木下会長にご出席頂きました。全国より92名の青年教師が一堂に会し、有意義な交流会となりました。

ご参加頂き、ありがとうございます。来年度も交流会の開催を考えております。多数の参加をお待ちしております。


【高真青 研修会実行委員会】

平成29829日 高野山大師教会 中講堂に於いて、第三回 研修会実行委員会を開催致しました。結縁潅頂研修会を終えての開壇について、話し合いました。今期開催の研修会が有意義な研修会になるよう、運営して参ります。会員様の多数のご参加をお待ちしております。



【群馬青年教師会 日本航空123便墜落事故 三十三回忌供養】

平成29731日 群馬青年教師会(会長 福山眞海師)主催 日本航空123便 墜落事故三十三回忌供養が御巣鷹山 昇魂の碑並びに慰霊の園にて厳修されました。

高野山真言宗だけではなく、真言宗智山派、新義真言宗の方々、総勢40名の青年僧で供養させて頂きました。

昇魂の碑は墜落現場に建立されております。道が整備され、登りやすくなっております。墜落現場に近づくにつれ、沢山のお塔婆が建てられておりました。御巣鷹山の管理人の方に事故や御巣鷹山についてご説明頂きました。

亡くなった方の冥福を祈り、二度と悲惨な事故が起きないように、事故を風化させないように伝えて行く事も私たちの役割かと思います。

亡くなられた方に対し、心からご冥福お祈り致します。






【高真青】各種委員会を開催致しました

平成2976日 グランキューブ大阪にて会則改定委員会、研修会委員会を開催致しました。

会則改定委員会では、前期からの引継ぎ、会則について話し合いました。時代に則した会則になりますよう、今後も検討を続けて参ります。

研修会実行委員会ではブロック会議にて頂いた意見に対し、お答えさせて頂きました。また、今後について話し合いを行いました。

第一会の研修会を96日 名古屋国際センターにて行います。ご案内を送付させて頂きますので、会員の皆様にご案内頂き、沢山の参加を賜りますよう、宜しくお願い致します。




【全真言宗青年連盟】各委員会・理事会開催

平成29622日 高野山東京別院(港区高輪)にて全真言宗青年連盟(理事長 鈴木 道盛 豊山派)広報委員会、災害救援事務局会議、理事会が開催され、出向致しました。

103031日開催 結集 根来寺大会 112223日開催 真言宗十八本山お砂ふみin西新井大師などご報告がございました。

全青連の事業に関しましてもたくさんの会員様のご協力、ご出仕頂けますよう、宜しくお願い致します。



【高真青】醐山青年連合会 先駆花供入峰修行

平成2966日 先駆花供入峰修行にて高野山にご来山頂いた醐青連の皆様を南山会、常任理事、執行部18名でお出迎えさせて頂きました。

本山前駐車場にて合流し、伽藍諸堂巡拝、奥之院参拝を致しました。例年、諸堂前にてお勤めしておりましたが本年は大会堂内にご入堂頂き、高真青が前後讃の頭を、理趣経・諸真言の頭を醐青連さんに勤めて頂きご法楽を捧げました。

中の橋にて昼食休憩をとりながら交流を致しました。短い時間ではございましたが、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

醐青連皆様の無魔成満を祈念しております。





【高真青】第2回 常任理事会

平成29511日 横浜 開港記念会館にて第2回常任理事会を開催致しました。
今後の流れについて、話し合いました。
また、各常任理事にはブロック会議の開催をお願い致しております。今回の常任理事会を踏まえて、理事からのご意見頂戴出来ればと考えております。
引き続き、
21期高真青を宜しくお願い致します。



【全日仏青 
仏法興隆花まつり千僧法要に参加

平成29426日 奈良 東大寺を道場に全日本仏教青年連盟主催 仏法興隆花まつり千僧法要に参加して参りました。当日は雨天でございましたが、500名を越える僧侶が集まり、法要を行いました。高真青からは17名が参加しました。参加頂きました会員様、ありがとうございます。

この千僧法要は毎年
426日に行われます。来年も行われますので、多数のご参加、よろしくお願い致します。

【全青連 常任理事会に出向】

平成29420日 西新井大師(東京都足立区)にて全真言宗青年連盟(豊山派 鈴木道盛理事長)常任理事会が開催されました。

103031日に開催されます結集 根来寺大会や112223日に開催されます お砂踏み in西新井大師について、協議されました。

 昨年は結集 高野山大会に他派の方々も沢山ご参加頂きました。根来寺大会にも高真青の会員の皆様方には多数のご参加をお願い申し上げます。

また、11月には全青連主催 お砂踏みが開催されます。こちらも告知、ご協力賜りますよう、よろしくお願い致します。

全青連 常任理事として鷲尾会長は今回、初めて常任理事会に出向致しました。ご挨拶と共に高真青結成40周年記念事業へのご参加に対して、お礼を申し上げました。

【高真青 20期 常任理事会・理事会 21期 常任理事会・理事会】

平成2944日 高野山 宗務所3階 会議室にて20期、21期の常任理事会、理事会を開催致しました。

20期にとっては最後の常任理事会、理事会となりました。高野山開創1200年記念大法会から始まり、結集 高野山大会、高真青結成40周年と大きな事業が沢山あり、皆様にご協力頂き、2カ年の任期を無魔成満致しました。ありがとうございました。

21期は大きな事業がありません。スローガンを「つむぐ」と致しました。高野山と檀信徒の方々をつむぐ為、結縁灌頂の勉強会を提案し、承認を頂きました。高真青の会員一人一人の事相教相の底上げの為、運営して参ります。今後とも、ご理解、ご協力賜りますよう、よろしくお願い致します。




【高真青 会計監査】

平成29328日 岡山シティホテルにて会計監査を行いました。

公正な会計報告と承認されました。



【高真青 肢体不自由児協会訪問】


平成29228日、肢体不自由児協会(東京都板橋区)を訪問し、高真青一斉托鉢にて喜捨頂きました浄財の一部を寄付させて頂きました。
20期執行部、常任理事、21期執行部で訪問させて頂き、肢体不自由児協会の活動をご説明頂きました。

【高真青結成40周年記念事業について】

平成29227日、28日 高野山東京別院(港区高輪)にて高真青結成40周年 記念講演と震災物故者慰霊並びに早期復興祈願会が執行されました。

当日は全青連執行部の皆様や高真青歴代会長様を始め250人の青年僧が参集し、盛大な式典となりました。

記念講演では、未来の住職塾 塾長 松本紹圭師に「これからの寺院の造り方」と題してご講演頂きました。人口減少時代をどのようなお寺作りをして護寺してゆくのか、大変参考になるお話を頂きました。

また、祈願会では20期高真青 山本会長が導師を、松田副会長、楠副会長が護摩師を勤め、執行致しました。檀信徒の皆様からお預かりした護摩木も一枚一枚読み上げさせて頂き、祈願致しました。慰霊と早期の復興を祈願致します



【高真青】常任理事会・委員会開催について

平成29121日 高野山東京別院にて、常任理事会、委員会を開催致しました。

高真青結成40周年実行委員会では、祝賀会場である八芳園の現場視察、当日の動きなど確認致しました。

常任理事会では、結集の会計報告、会則改定委員会からの報告、機関誌編集委員会からの報告がございました。また、21期 鷲尾会長より執行部人事が報告され、承認されました。21期の執行部は下記の通りです。よろしくお願い致します。

 

≪高真青 21期執行部≫

会長鷲 尾 英 天相模真友会

副会長竹 内 崇 真南  山  会

副会長三 宅 一 弘淡路青年教師会

監  事片 桐 良 寛福岡青年教師会

監  事芝 原 秀 法美作真言青年会

事務局長永 ア 亮 学福島青年教師会

会  計岩 木 芳 範相模真友会

会  計西 蔵 全 啓兵庫青年教師会

事務局員米 本 智 昭北海道青年教師会

事務局員平 山 真 悠広島青年教師会

事務局員今 川 義 海徳島真言青年会

事務局員河 口 弘 舜相模真友会






【高真青】全青連 常任理事会

平成281128日 京都 種智院大学にて全青連 常任理事会が開催されました。

37回 結集 高野山大会のお礼と会計の報告をさせて頂きました。
全青連さんから細部にまで行き届いた結集であったとお褒めのお言葉を頂きました。承仕、スタッフの一人ひとりが気を遣い、努めて頂いたお陰です。改めて、感謝申し上げます。
また、今まで開催された結集の中で最も参加人数の多い大会でもありました。ご参加頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

来年は新義真言宗さんが担当になり、根来寺、リーガロイヤルホテル大阪にて開催される予定です。今年同様、皆様のご参加、よろしくお願い致します。

 


[高真青]37回 結集 高野山大会

平成281018日 19日に高野山とリーガロイヤルホテル大阪を会場に全青連主催 高真青担当 結集 高野山大会を開催致しました。

前日17日には高真青主催 報恩清掃行を高野山 金堂にて行いました。100名を超える会員の方々にお集まり頂き、金堂を中心に清掃行を行わせて頂きました。

結集大会当日は天気にも恵まれ、480名余りの全青連会員の方々が参集し、各派ごとに伽藍諸堂に分かれ、法会を厳修。リーガロイヤルホテル大阪に懇親会を行いました。

翌日は松長有慶大僧正と高木、元大僧正にご講演を頂きました。限られた時間ではございましたが、大変有意義な、青年僧として今一度自分自身を振り返り、身を引き締める時間になりました。

次回は来年 平成
291030日 31日 根来寺にて行います。多くのご参加お願い申し上げます。






【高真青】各委員会・常任理事会・理事会を開催致しました。

平成2894日、5日と各委員会、常任理事会、理事を開催致しました。

4日は結集実行委員会を開き、実際にリーガロイヤルホテルの視察に行き、会場、導線の確認を致しました。

5
日は高野山 金剛峯寺にて常任理事会と理事会を開き、理事様には高野山大学 黎明館の視察、伽藍までの導線を確認頂きました。

いよいよ来月18日、19日に結集 高野山大会が開催されます。お陰様をもちまして、現在400名を越える参加申込を頂いております。
円滑な運営を出来るよう努めて参ります。よろしくお願い致します。

また、高野山青年教師会第21期会長、副会長が決まりましたのでご報告させて頂きます。

・・・高野山真言宗 第21期・・・

*会  長 鷲尾 英天(相模真友会)

*副会長 三宅 一弘(淡路青年教師会)

*副会長 竹内 崇真(南山会)






【平成28年度青年教師親善野球大会並びに交流会について】

 今年も825日より3日間の日程で本山教学部主催 親善野球大会が開催されました。

今年は天候に恵まれ、大きな事故もなく無事に全ての日程を消化出来ました。50回目に相応しい素晴らしい大会になりました。

決勝戦は東海A対徳島 6-1にて東海Aの優勝となりました。東海Aの皆様、おめでとうございます!!

〜野球大会結果〜

1回戦

×相模−備前・備中〇 ×但馬−広島〇 ×和泉−淡路〇 〇島根−大分×〇東海A−鳥取× ×長野−奈良〇 〇和歌山−神奈川× 〇東京−河内× ×愛媛−大阪〇 ×埼玉−福岡〇 ×美作−高野山〇 〇兵庫−東海B× 〇徳島−静岡× 〇播磨−北海道× ×栃木・群馬−三重〇

2回戦

〇備前・備中−広島× 〇淡路−島根× 〇東海A−奈良× ×和歌山−東京〇 〇大阪−福岡× ×高野山−兵庫〇 〇徳島−播磨×

3回戦

〇備前・備中−淡路× 〇東海A−東京× 
〇大阪−兵庫× 〇徳島−三重〇


準決勝

×備前・備中−東海A〇  ×兵庫−徳島〇

決勝

〇東海A−徳島×

東海A 野球部キャプテン 河合師より

強豪との戦いが続きましたが、実力だけでなく運にも恵まれ勝ち上がる事が出来ました。
対戦相手からエールも頂き、野球を通して親睦も深め合いました。来年も良い成績が残せるよう努めます。最後に本山の皆様お疲れ様でした。ありがとうございます。

 また、野球大会初日の晩、大師教会 中講堂にて高真青主催 青年教師交流会を開催致しました。
本山 小籔教学部長、廣瀬財務部長を始め、職員の皆様方、第13期会長 佐宮僧正、第19期会長 木下僧正にもご出席頂きました。

北海道、東京、神奈川、相模、群馬、埼玉、愛知、濃飛、和歌山、兵庫、淡路、播磨、但馬、鳥取、島根、美作、備前、徳島、福岡、南山会と93名の青年教師の方々が一堂に会し、交流を深めました。

今年は結集、結成40周年と大きな事業を控えております。皆様のご協力、ご参加なくして成功致しません。何卒、宜しくお願い致します。



 



【高真青 選挙管理委員会開催】

 平成2878日 第21期会長・副会長立候補者受付締め切り期日なり選挙管理委員会を東京別院にて開催いたしました。

会長・副会長立候補者の報告確認、今後の日程について確認をいたしました。

理事の皆様には郵送にてご報告させていただきます。




【兵庫ブロック青年教師交流会】

平成28627日 兵庫県洲本に於きまして、淡路青年教師会担当の第28回兵庫ブロック青年教師会の研修会に執行部より会長、事務局長が参加させていただきました。

僧侶といたしましては、受講の機会が難しいライフプランを中心とした研修会であり、多くの方が参加されており盛会でありました。

 


【高真青 各委員会を開催致しました】

平成28623日、24日 太融寺(大阪市北区)に於きまして、高真青40周年記念事業委員会、常任理事会、結集高野山大会実行委員会を開催致しました。

40周年記念事業では、内容の確認、講演者の選定を行いました。
結集委員会では、主催である全青連の執行部の方々にもご参加頂き、内容の確認、各担当者からの進捗状況の報告がありました。
全青連の執行部の方々と顔合わせが出来、滞りの無い大会運営に努めて参ります。

鈴木理事長様をはじめ、全青連の執行部の皆様、お忙しい中、委員会にご参集頂きありがとうございます。

 

 






【全真言宗青年連盟】平成
28年度 諸会議に出向致しました。

平成2868日 真言宗豊山派 大本山 護国寺(東京都文京区)におきまして、全真言宗青年連盟(理事長 鈴木道盛 豊山派)第1回 広報委員会(旧CS委員会)・災害事務局会議・理事会が開催されました。

今年度より新執行部になり、高真青から下記の方々が出向しています。

全青連 副理事長 山本 智弘(高真青 会長)

全青連 顧問    岩田 慈光(北海道青年教師会)

全青連 事務局長 東野 信宥(高知青年教師会)

全青連 常任理事 松田 全弘(高真青 副会長)

全青連 理事    楠 泰成 (高真青 副会長)

全青連 理事    竹内 崇真(高真青 南山会)

全青連 広報・災害委員 小畑 弘和(高真青 事務局長)

全青連 事務局員 永ア 亮学(高真青 事務局員)

また、前期出向されました、前理事長 岩田慈光師、前災害救済事務局長 鹿野 融真師、前事務局次長 東野 信宥師、二カ年の任期、お疲れ様でした。

今年度、101819日 全青連主催 結集 高野山大会(高真青担当)の現状報告を行わせて頂きました。


全青連 http://www.kobodaishi.jp/
護国寺 http://www.gokokuji.or.jp/
 




【醐山青年連合会 先駆花供入峯修行お出迎え】

平成2866日 先駆花供入峯修行にて高野山へ御來山いただいた醐山青年連合会の皆様を常任理事・南山会・執行部の18名にてお出迎えさせていただきました。

本山前駐車場にて合流し、伽藍並びに奥之院にて御法楽を捧げた後に、中の橋にて昼食休憩をとりながら少しではありましたが交流の時間を持つことができました。

午後より中の橋から大峰にむけて出発されました。本年も皆様の無魔成満を御祈念しております。


 




【全青連結集高野山大会に於いて中西管長猊下ご拝謁について】


5月27日に高野山にて結集大会主催の全青連執行部による担当会派管長猊下へのご拝謁がございました。

高真青からは会長、副会長、実行委員長、事務局長の五名が同席し結集大会の進行状況を報告させていただきました


【北海道青年教師会 熊本震災ボランティア活動】

平成2852526日 北海道青年教師会の会員5名にて熊本震災のボランティア活動にいってまいりました。

25日は、西原村の西原中学校にて神戸の足湯隊としてボランティア活動をされている方々のご指導のもと足湯をさせていただきました。

 26日は、熊本市内の本宗寺院にて倒れた仏具や家具などを片づけるお手伝いさせていただきました。

元の生活には、少し時間がかかりそうでしたが、熊本の一日も早い復興をご祈念いたします。

 

 


【全日仏青 花まつり千僧法要に参加致しました】

平成28426日 東大寺大仏殿に於いて、全日本仏教青年会主催 花まつり千僧法要が執行されました。

当日は快晴に恵まれ、500名弱の青年僧が参加致しました。金峯山青年僧の法螺を先頭に真言宗豊山派仏教青年会の太鼓奉納の中、行道。大仏殿に入堂後、天台仏教青年連盟 声明散華、全真言宗青年連盟 四智梵語、融通念仏宗青年会 声明念仏、全国日蓮宗青年会 木剣、全国曹洞宗青年会 般若心経、全国浄土宗青年会 念仏を奉納致しました。

高真青から26名が参加致しました。ご協力ありがとうございました。

全日仏 
http://www.jbf.ne.jp/




【平成28年度 第1回常任理事会、理事会、各委員会について】

平成2844日、5日と札幌 隆光寺に於いて、常任理事会、理事会、各委員会並びに会計監査会を行いました。

今年度は1018日、19日に高野山に於いて結集、来年227日、28日に高野山東京別院に於いて高真青結成40周年記念事業を開催致します。

各会がスムーズに実りある会にするため、会議を開き話し合っております。一人でも多くの会員様にご参加頂き、盛大な会に致したいと思います。

ご参加、ご協力宜しくお願い致します。


 

 



【高真青 各委員会について】

平成28315日 福岡市内において高真青創立40周年記念事業実行委員会並びに結集実行委員会を開催いたしました。
限られた時間ではございましたが、集中審議を行うことが出来ました。


 



【高真青 研修会 高野山之衣体と承仕の諸作法について】

平成28314日 ホテル日航福岡(福岡市博多区)に於いて、高野山 引攝院住職 中西 雄泰上綱様にご講師頂き、高野山の衣体と承仕についてご講義頂きました。

当日は全国から
150名近く青年僧が集まり、衣体の歴史、種類、そして納衣袍服の着方を実践形式で講義頂きました。

「一挙手一投足、皆、密印を常ず 我が身を見る者は皆、菩提心を起こす  私達の外儀 立ち居振る舞いは全て印を結んでいるのと同じである 常に意識をして良い法会を執行して下さい」と上綱様に励ましのお言葉を頂きました。

 

 




【備前青年教師会 創立40周年記念研修会並びに祝賀会について】

平成2838日 備前青年教師会(河本 慶圓会長)ではANAクラウンプラザホテル岡山(岡山市北区)におきまして結成40周年記念研修・祝賀会を開催いたしました。

記念研修会では、光明寺住職 新後 純雄僧正様より、「諸作法について」伝授頂きました。普段当たり前に行っておる作法をもう一度改めてご指導頂き、より深く所作の意味を知る事が出来ました。

祝賀会では、支所下諸大徳・歴代会長や諸先輩方・高野山真言宗青年教師会理事も全国よりお越しいただき、大変盛況でありました。

 

【栃木青年教師会 高野山東京別院にて土砂加持伝授】

栃木青年教師会では215日に高野山東京別院にて高野山總持院宮田永明上綱様を大阿様に迎え一座土砂加持の伝授会を開催しました。翌16日には東京別院遍照殿にて、宮田永明上綱様お導師のもと、東日本大震災物故者追悼の為の一座土砂加持を第2ブロック内外の青年教師が職衆を勤め厳修しました。

次第と配役(所属)は以下のとおり
加持土砂
総  禮
総禮伽陀 渕田雲渓 (高野山大学講師)
入谷光裕 (第2ブロック常任理事)
散華對揚 長谷川慈照(宮崎青年教師会)
唱  禮 御導師
前  讃 平田一成 (和歌山青年教師会)
中  曲 楠本隆幸 (栃木青年教師会)
後  讃
板坂隆光 (相模真友会)
廻  向 −  
光明真言 矢田弘雅 (東京青年教師会)
岡田真実 (相模真友会)
廻向伽陀 安峯祥陽 (第9ブロック常任理事)
福山眞海 (群馬青年教師会会長)

佐々木隆之(東京青年教師会会長)
堀江泰弘 (相模真友会会長)
随  行 常廣淳亮 (広島青年教師会)
承  仕 草野榮瞬 (栃木青年教師会)
承  仕 遠藤髀ョ (栃木青年教師会)









全真言宗青年連盟 平成27年度第2CS委員会・災害対策委員会・理事会

平成28112日 京都・洛南会館におきまして、全真言宗青年連盟(理事長・岩田慈光)CS委員会・災害対策委員会・理事会が開催されましたので出向してまいりました。
理事会におきまして、本年
10月に行われます「第37回結集 高野山大会」について、当日の日程やパンフレット等の件につきまして全青連の理事の方々にご審議を頂きました。
今回の理事会で皆様から頂いたご意見をふまえて、よりよい結集になるよう努めてまいります。宜しくお願い申し上げます。

【各種実行委員会について】

1210日 大阪太融寺様を会場に各種実行委員会を行いました。
午前10時より研修会実行委員会
平成28314日 福岡にて「高野山之衣体」の研修会を高野山 中西雄泰僧正にご講師頂き、行います。詳細につきましては、後日各理事に通知させて頂きます。是非、ご参加下さい。
午後0時半より高真青40周年記念事業実行委員会
日程、会場、内容、実行委員の配置について 

午後2時より第37回結集高野山大会実行委員会
内容、予算について
各事業が無魔成満致します様に会議を重ねておりますが、皆様のご協力、ご参加無くして成功致しません。今後とも、宜しくお願い致します。
 

 


全真言宗青年連盟 第36回結集 讃岐大会について

平成271110日、11日と香川県善通寺にて全真言宗青年連盟 第36回結集 讃岐大会が開催されました。全国から約200人の真言宗青年教師が集まり、無事に2日間の日程を終えました。法要では18大本山御本尊法会と結集記念法会を行いました。懇親会では普段中々お会いする事のない他派の青年僧との親睦を深め、講演会では総本山善通寺法主 樫原猊下と元相撲力士舞の海先生にお話頂きました。来年は高野山が主催です。皆様のご協力宜しくお願い致します。
 

 

 


【埼玉青年教師会 声明研修会について】
115日 埼玉妻沼聖天山 歓喜院金剛殿にて埼玉支所下住職並びに第二ブロック青年教師を対象に声明の研修会が行われました。暑さで有名な熊谷市ですが、当日は秋晴れに恵まれ、42名の僧侶が集まりました。講師は高野山一乗院御住職 佐伯公応上綱様にお勤め頂きました。上綱様は真言声明の会 サンガにて講師をお勤めされております。また、鈴木会長が学会を受ける際、上綱様に師付のご指導をお願いしたご縁もあり、今回、講師をお願い致しました。声明類衆の本附を基本に現在、高野山でお唱えされている声明を改めてご指導頂きました。声明は、横笛で音をとります。しかし、横笛はとても高価であり、現在は音叉やメトロチューナーにて音を取っております。本附通りにメトロチューナーで音を聴くととても高低差が大きくなります。昔の方は広い音域の声を出せた事が分かります。前讃 四智梵語の頭 オン 現在は「オーンー ンー」と付くだけですが、本附通りですと「オーンー (一音低く)ンー」となります。しかし、この様なお唱えはどなたもされておりません。など、声明の歴史・楽理など丁寧にご教授頂きました。受講者も大学や専修学院・真別処などで習って以降、指導を受けて来られなかったので、改めて高野山の声明をご指導頂き、有意義な時間を過ごす事が出来ました。告知になりますが、現在サンガでは会員を募集しております。一人でも多くの方にご参加頂き、南山進流の研究、継承にご協力下さい。

 

 


【第2ブロック青年教師交流会について】
第2ブロック青年教師会(入谷光裕常任理事)では10月29日に栃木青年教師会担当にて栃木県宇都宮市 ホテルニューイタヤに於いて「平成27年度 第2ブロック青年教師交流会」を開催しました。

当日は、宇都宮中央消防署より講師を招き、心肺蘇生法やAEDの使用などの救命処置を学びました。全員が胸骨圧迫や人口呼吸、AEDを実際に使用しての講習を受けました。
また当日は関東豪雨災害の義援金も集められ、義援金19718円が被災地である鹿沼市に届けられました。
東京、神奈川、相模、埼玉、山梨、長野、群馬、福島、栃木から43名の青年教師が集い盛会でした。
 

 


【第
37回結集高野山大会 第2回実行委員会

平成271014日 午後2時より大阪 太融寺を会場に実行委員会を行いました。
日程・内容について検討致しました。随時、ご報告致します。
さて、来年は高野山真言宗青年教師会が主体となって結集が行われます。皆様は今まで結集にご参加された経験がお有りでしょうか。まず、結集とは仏教語大辞典で調べますと『釈尊の教えをまとめ集めること・聖典を編集すること・釈尊の入滅後、異論を止め、教団の統一を維持するために代表者を集め、遺教の合誦を行ったこと』とあります。
全真言宗青年連盟では昭和55年より各真言宗青年教師会が担当し研鑽と親睦の為に行って来ました。来年は高野山です。多くの青年僧にご参加頂き、研鑽と親睦の場にして頂ける様、実行委員会一丸となって運営して行きます。ご協力宜しくお願い致します。

 




【委員会・常任理事会・理事会を開催しました】

平成27929日 ホテル名古屋ガーデンパレスにて下記の通り諸会議を行いました。

9:00     研修会実行委員会

10:00     高真青結成40周年記念事業実行委員会

11:00     結集高野山大会実行委員会

13:00     会則改定検討委員会

13:30     常任理事会          

15:00     理事会   

17:00     開創法会実行委員会 

今期の各実行委員会がそれぞれスタートいたしました。それぞれ実行委員長を中心に今後の予定、内容などについて話し合いが行われました。結集大会、周年事業など大きな事業を控え、理事会でも色々なご意見をいただきました。 事業の成功に向け、今後とも皆様のお力添えをよろしくお願い致します。




【平成27年度青年教師親善野球大会並びに交流会について】

 今年も825日より3日間の日程で本山教学課主催 親善野球大会が開催されました。
 開会式当日は台風15号の影響で不安定な天候でした。時折、激しい雨にも見舞われましたが、無事に全ての日程を消化出来ました。素晴らしいピッチャーや接戦が続き、見てても楽しい野球大会になりました。
決勝戦は徳島対淡路 
2-0にて淡路の優勝となりました。淡路の皆様、おめでとうございます!!
来年は打倒淡路を目指して頑張りましょう。

〜野球大会結果〜
1回戦

〇高野山−播磨× ×阿波−相模〇 ×美作−静岡〇 〇長野−東京× 〇東海A−島根× 〇淡路−備前・備中×〇北海道−和歌山× 〇神奈川1−播磨× 〇徳島−和泉× ×群馬・栃木−神戸〇 〇河内−広島× 〇大阪−東海B× ×大分−神奈川2〇 ×三重−埼玉〇 ×福岡−鳥取〇

2回戦

高野山−相模× ×静岡−長野〇 ×東海A−淡路〇 〇北海道−神奈川1× 
×神戸−河内〇 〇大阪−神奈川
B× ×埼玉−鳥取〇

3回戦

〇高野山−長野× 〇淡路−北海道× 〇徳島−河内× ×大阪−鳥取〇 

準決勝

×高野山−淡路〇 0-1   〇徳島−鳥取×  8-2

決勝

〇淡路−徳島×   2-0

淡路チーム 野球担当部長 木野本さんの優勝コメント
今回の野球大会は初戦から決勝戦まで強豪チームと当たり本当に苦しい戦いでした。
準決勝の高野山チームとの対戦時に「ここまで来たら、優勝したい思いが強いチームが絶対に勝つ」と、檄を飛ばしました。その結果チーム一丸となり淡路チームとしては、約30年ぶりに優勝という結果を残せました。
また、対戦後は相手チームの方から「ありがとう、頑張って下さい。いい勝負でした」と、声をかけて頂き、本来の目的である親善親睦を深められた事と思います。
次回、第50回大会でも親善親睦が深められるよう、また末永く全国青年教師親善野球大会が続いて行きますよう祈念致します。           合掌



また、野球大会初日の晩、大師教会 中講堂にて高真青主催 青年教師交流会を開催致しました。

本山を代表して、小籔教学部長、廣瀬財務部長にご臨席頂き、高真青歴代会長を代表して13期会長 佐宮僧正、第19期会長 木下僧正にもご出席頂きました。北海道、東京、神奈川、相模、群馬、埼玉、大阪、和泉、奈良、和歌山、淡路、播磨、但馬、鳥取、島根、美作、備前、徳島、南山会と81名の青年教師の方々が一堂に会しました。普段交流が難しい青年教師会ともこの様な機会を使って頂き、親交を深め、ますます高真青が盛り上がります様、今後とも、ご協力宜しくお願い致します。

 

 

 





【本年8月12日で日航機墜落事故より30年】

群馬青年教師会では、節目の年を迎えるにあたり御巣鷹山慰霊登山を開催いたしました。
当日は東京、神奈川、栃木の青年僧諸師、そして遠く北海道の地より、高野山青年教師会会長 山本智弘師
にもご臨席賜り総勢20名での慰霊法要と相成りました。
当初、天候も危ぶまれましたが、予定通りに登山口より徒歩約30分の登山道を行き、その頂上には
物故者供養塔の「昇魂の碑」があり、そこでお勤めをさせていただきました。初めて登られる方も多く、
登山道の途中や昇魂の碑前にて、群馬青年会員より、墜落現場や当時の様子について解説をさせて
いただきました。
改めて思うことが、墜落事故時の御巣鷹山は道無き道で、今では事故当初の風景は全く変わり、
遺族の方、地元の方等が、道を切り開き、登山道も毎年整備するなど「供養の場」「鎮魂の場」を心より
もっておられるのだと再認識いたしました。
この永い30年という年月が、遺族の方にとってお心を癒される年月なのか、
つい昨日の出来事の様に思っておられるかは心中察しかねますが、2年後には33回忌追福供養と
なります。僧侶という役割で是非ともこの年には皆様のお力を賜り、まさしくすべての犠牲者の方と遺族・関係者の方が「昇魂」願えるようお越しいただきたく申し上げ、群馬青年教師会の報告とさせていただきます。
                                            合掌

                                    群馬青年教師会 会長



【7月 発送作業を行いました】
北海道・真言寺にて発送作業を行いました。全真言宗青年連盟主催 結集讃岐大会のご案内と高真青主催 全国青年教師交流会のご案内を発送致しました。
結集のご案内は申込締め切りがありますので、お忙しい時期ですがお早めに各青年教師会会員の皆さまにお渡しください。
全国青年教師交流会には皆様のご参加お待ちしております。


【口永良部島噴火災害救援托鉢行】
神奈川青年教師会は、6月11日午後1時半より、『口永良部島噴火災害救援托鉢行』を横浜弘明寺商店街にて行いました。529日、鹿児島県口永良部島の新岳にて噴火による災害が発生しました。死者こそ出なかったものの、島民は全島避難を余儀なくされ、火山活動は依然活発と見られており、島民は帰還も叶わない状況です。托鉢を始めますと、ちょうど地元の小学生が大勢で地域学習で商店街を訪れているところでした。私達の如法衣姿を見て、「お坊さんだ」「昔の格好してる」「何してるんだろ」などと興味が湧いて来たようで、子供達は質問をして来ました。「すみません、何をしているんですか?」 私達は托鉢の趣意書を見せながら、口永良部島の噴火のこと。災害の為、島民の方々が島に帰るのが困難なこと。島民の方々の生活の立て直しの為のお手伝いを少しでも出来たらと思い、托鉢行をしていることを、子供達の身に置き換えたりして、話をしました。子供たちは素直です。「大変だ!けど、僕達、お金をもっていないよ!」と、言う子供達。そんな子供達に「今、寄付しなくていいんだよ、世の中には困っている人達が沢山居るということを忘れないで居てくれたら、それで良いんだよ。身の回りでも、居るかも知れないよ。」とだけ伝えました。子供達は礼儀正しく、「お話、ありがとうございました!」とお辞儀を。こちらも身が引き締まるお辞儀でした。私達僧侶が、人目に触れて災害救援の為に托鉢をすることは、金額が重要なのでは決してありません。先ほどの小学生達のように私達の姿を見て、災害支援や救援に興味や関心を持つ人達が少しでも増えたなら、それは大変に価値あること。何事かを達成するということが目的ではなく、ただ路傍に立って、慈悲の実践を。時折、ふと、ご喜捨頂いた方々の想いに、救われているのは実は私達の方なのかも知れないと感じることがあります。しかし、それを自分達だけのものにはせず、普く一切に及ぼして行くことが重要なのではないか、考えさせられる事が多い托鉢行でもありました。
御喜捨頂いた浄財49,709円は、日本赤十字社を通じて口永良部島噴火災害支援に役立たせて頂きます。 
                                 
高野山真言宗神奈川青年教師会 済世利人部

    


【醐山青年連合会 先駆入峰修行 お出迎え】

平成2765日 高野山にて醐山青年連合会による「先駆入峰修行」のお出迎えをさせていただきました。高真青からは執行部・常任理事・南山会より18名の出仕がありました。
本年は金剛峯寺前駐車場にてお出迎えし、はじめに奥之院燈籠堂にて醐青連御衣奉納法会を勤めた後、伽藍へ移動し大塔・金堂・御影堂にて御法楽をささげました。その日の宿坊は持明院さんへお世話になり、翌朝25名の方が大峰山へ出発いたしました。
醐山青年連合会の皆さまには、本年も交流のご縁をいただき誠にありがとうございます。









【平成
27 年度第2回常任理事会開催】

平成2764 日第2回常任理事会を大阪太融寺様に於いて開催いたしました。
午後2時より始まり来年の高野山担当の結集大会、高真青結成
40周年記念事業、研修会、会則について各実行委員会の設立と今期の諸案件について常任理事の皆さまには長時間にわたり協議いただきました






【全真言宗青年連盟 平成
27年度第1CS委員会・災害対策委員会・理事会】
平成27522日 大本山護国寺(東京・文京区)におきまして開催されました、全真言宗青年連盟(岩田慈光理事長)のCS委員会・災害対策委員会・理事会に出向いたしました。今年度より高野山真言宗青年教師会からは常任理事に山本智弘 理事に松田全弘・楠泰誠 CS委員会・災害対策委員会に小畑弘和4名が出向いたします。会議は平成26年度の事業報告・決算報告 平成27年度の事業計画が審議されました。来年度の結集は高野山が担当になります。皆さま宜しくお願いします。





【兵庫宗務支所主催プロジェクションマッピング開催】
平成2751217日 高野山壇上伽藍において開催されましたプロジェクションマッピング「高野山1200年の光−南無大師遍照金剛−」に出向させていただきました。
6日間で2万人以上もの来場者があり、多くの人でにぎわいました。

いつもとは違う伽藍の雰囲気に貴重な体験をさせていただきありがとうございました








【神奈川青年教師会 ネパール地震災害救済托鉢行】
4月30日14時より、横浜弘明寺商店街にて『ネパール地震災害救援托鉢行』を行いました。
4月25日に起こった、ネパール大規模地震による被害は甚大なものとなっており、世界各国の支援の手が必要な事態になっていることは、皆様もご存知の通りかと思います。
ネパールは地震災害の起こる前の日常でも、日本と違いインフラも整わず、電気も安定供給はままならず、飲料水も給水車での水の配給や、沸かして水を飲む、ということが当たり前の国。
4月30日現在、周辺国も含めて犠牲者は5500人を超え、およそ280万人が屋外のテントなどの生活を余儀なくされ、被災者には支援物資が充分に行き届かないという状態が報じられており、医療施設や食糧の不足が叫ばれています。
山間部にも被害が及び、ヒマラヤ山脈に点在する村々も大きな被害を受けており、現地に滞在していた日本を代表するアルピニストとして有名な野口健氏も、その被害を目の当たりにし、災害救援を呼びかけておられます。(詳細は野口氏のフェイスブックやツイッターなどでも知ることができます) そして、未だ被害が把握されていないところも多々あるとのことです。
高野山真言宗神奈川青年教師会でも、地震の情報のあとすぐに「微力ながらも何かできないか」との声があがり、今回の托鉢行となりました。
托鉢行は、寄付金を集めることが唯一の目的ということではありません。
私達が持っている浄財箱の中にお気持ちを投じて頂くことだけが托鉢行の目的ではありません。
私達僧侶が路傍に立つことで、その姿を見た方々が、ネパールの事態に関心を持って頂く機会となればと思っております。
「今日、坊さんが沢山立っていて、ネパール災害救援の托鉢をしていた」
ということが、通りかかった方々の記憶に残り、どこかで会話の話題にのぼり、災害への関心へと繋がって行くことがあるやも知れません。どこかの募金箱に寄付することに繋がるかも知れません。
少しずつの関心が繋がりあって、災害救援や支援の力になることは、日本に於いての東日本大震災や、阪神淡路大震災でも在ったことです。
今回の地震で被災された方々が一刻もはやく、安全で安心ある生活を取り戻すこと、また救援や支援にあたられている方々の安全も強く願っております。
今回の托鉢行で皆様からお預かりした浄財、134,865円は、5月1日付にて日本赤十字社を通して、ネパールの災害救援に役立たせて頂きます。                                                                       合 掌
                             高野山真言宗神奈川青年教師会 済世利人部







【高野山開創1200年記念大法会 千僧法会】

平成27年4月7日 14時から中西啓寶管長猊下に金堂の御導師を、小籔実英教学部長に大塔の御導師を、仲下瑞法伽藍維那に山王院の御導師をお勤め頂き、全国の支所から出仕した644人の青年僧が三ヶ所に分かれ千僧法会を執行致しました
当日の高野山は気温が4度まで下がっておりましたが、霧雨の中、高野山大学 黎明館からお練りをした我々を沢山の参拝者が手を合わせお出迎え下さいました。
全真言宗青年連盟執行部・常任理事・会員の方々にもご出仕頂き、荘厳な法会を勤める事が出来ました。










【高野山開創1200年記念大法会 結縁行脚】

平成2741日青年教師約40名が吉野から高野山を歩く行脚隊と野川弁天で合流し高野山をめざした。冷たい風と小雨の中、お大師さまが歩まれた険しい道を一歩ずつ噛みしめながら、六時間かけて全員無事に奥の院へ到着しました。奥之院では参拝者と共に燈籠堂にて一年間かけて全国を巡った結縁行脚の結願報告の御法楽を厳修いたしました。







【高野山開創1200年記念大法会 開白】

平成27年4月2日 午前9時
高野山開創1200年記念大法会が開白致しました。
5月21日までの50日間、法要を行っております。
この貴重な機会に是非高野山にお参り下さい。



【大阪青年教師会】
家族懇親会

平成27年3月26日 日帰りの家族懇親会が開催されました。
大阪府河内長野市の関西サイクルスポーツセンターにて金剛生駒紀泉国定公園内のサイクリングコースをはじめ、様々な種類の自転車やその他アトラクションで汗を流し、昼食はパーク内キャンプ場においてバーベキューを行いました。
日々 ご自坊を守られている寺族の方や子どもさんなど25名の参加がありました。




平成27年3月27日よりこちらのページにて【活動報告】を行わせて頂きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ご報告〜〜〜〜〜〜〜〜〜


高野山真言宗青年教師会ブログ


  全国の青年会より

2007年より2010年までの全国の青年会の活動報告
高真青宛 koyasan.seinen@gmail.com